長岡のラーメンと言えば生姜醤油ラーメン。

img_1352

昨日は長岡と言えばこのラーメン。生姜醤油ラーメンを食べてきました。

僕はあまり醤油ラーメンは食べないのですが気づけばスープも結構飲んでて自分でも驚きました!

一体生姜醤油ラーメンとは何か気になったので調べてみました。

 

■生姜醤油ラーメン

 

豚ガラを多く使い、比較的油っこい醤油味のスープに生姜の風味、香りがはっきりと分かるほど強く利いており、柔らかめのチャーシューが組み合わされる。

ショウガをスープに入れ始めた理由は「豚のくさみを消すため」であるが、長岡での定番となった理由としては「体を温めるから」という説がある。

新潟4大ラーメンが注目され始めた2005年頃にはショウガ醤油ラーメンと雑誌に紹介されていた。ラーメン王と呼ばれるライターの石神秀幸による新潟四大ラーメンの分類では長岡流ショウガしょうゆラーメンである。

img_1352

 

確かにスープも醤油だけど何か入っているって感じがしました。豚ガラが多く入っていたから醤油だけど薄くない感じがしたんですね。

img_1232

 

■青島食堂

・1960年代後半に生まれた長岡の新しいラーメンの形、それが「青島食堂」
実は長岡で長く親しまれたラーメンは、さっぱりしたスープに細麺、の支那そばスタイル。

そんな長岡のラーメンに対する概念に衝撃を与えたお店こそ、1960年代後半に生まれた「青島食堂」。

1960年代からあったなんてすごいですね。

長岡の方から長年愛されているラーメンなんですね。

想像以上においしかったのでまた時間を見つけて食べにいきたいと思っています。

皆さんも行かれたことがある人がほとんどかもしれませんがまた食べたくなる味ですね。

img_5265

ごちそうさまでした。